top of page

愉しいミキ作りワークショップ開催♬

愉しいミキ作り ワークショップのご案内♬


春の花が次々と咲き誇る季節になりました。


奄美大島に古代から伝わる伝統発酵飲料/食品『ミキ』を皆様とご一緒に

作るワークショップを以下のとおりご案内いたします。


・日時 :2023年4月23日(日) 12:30 ~ 15:00


・会場 :オーガニックM+

     松戸市高塚新田493-13 梨香台ショッピングプラザ10-104

     松戸梨香台郵便局隣り(駐車場は限りがありますので事前にお問合せ下さい。)

Mail : info@organic-mplus.com / Tel : 090-7184-8483


・お持ちいただく物:エプロン、三角巾、筆記用具

作ったミキをお持ち帰りいただく容器(ペットボトルでなく、約400gが入る蓋付きの容器。タッパーなどがおススメです。)


・人数 :6~8名


・費用 :6,000円(講習料+ワンドリンク付き)


・その他 :ミキ作りの材料はご用意いたします


*お米:自然栽培米(長野県もぐファームの無肥料無農薬で育てたササシグレ)

*さつま芋:自然栽培+ナチュラル ハーモニー

*水:ブルー ソーラー ウォーター 又は浄水


お粥を冷ます間に以下のワークショップも並行して実施します。

*ミキ ヨーグルトの作り方

*お米のとぎ汁の使い方


・お支払い方法:当日、現金にてお支払い願います。


【ミキ】とは


奄美大島で「ノロ」と呼ばれる女性神職が、

神事、祭事のとき、土地のお米とお水を使って

土地の神様に祈りを捧げるために作られたものです。


祈りによって降りてきた菌が「ミキ」に宿り、

それをいただくことで、人々は神の氣を身体に宿していました。


お神酒の原点でもある「ミキ」を作ることは、

すべてに感謝して私達が心身共に健やかに

暮らしていかれる基となることだと思います。


今回ご紹介する「ミキ」は簡単で作りやすいです。


材料は、お米、さつま芋、お水、この3点、これだけ!!


「ミキ」の中には乳酸菌が1gに1億個以上入っていますので、

腸内環境を整えてくれます。


便秘、アレルギー改善、美肌等の効果が期待されます。


また、お料理に加えることで、一層、味が深まり美味しくなります。





赤ちゃんからご高齢の方まで年齢を問わず、

安心して取り入れることができますので、

病気のときや体調不良で何も食べられないときの回復食にもなります。


奄美のおばあ達の長寿のもと、その「ミキ」をご紹介します。


「ミキ」を作るうえで、一番伝えたいこと


お米洗いの実際の音や扱い方は、本やネットではなかなか伝えられません。


このお米洗いを初めて体験したときから、人生観が変わってしまいました。


教えていただいた後でも、気がつくと、日々の日常に流されている洗い方をして

いたり・・・


そんなとき、フッと思うのです。『神様に捧げるものを作っているのだ』と。


ゆりかごに揺られる赤ちゃんを愛おしむように洗う。


そのお米洗いの流れを実際に見て、またご自分の手で祈りながら

洗う工程をじっくり体験していただきたいです。


丁寧に洗っているつもりでも、エッ!!と思うほどの驚きがあります。


このお米洗いを知ったことで、改めて自分自身を見直す

絶好のチャンスとなること間違いなし!!です。


一見、ただの白い飲み物ですが、その可能性は無限大です。


皆様の常在菌と想いの込められた「ミキ」を、

ぜひご一緒に作りましょう。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page